要望のある場合に合理的配慮 障害学生の修学支援で

障害のある学生の修学支援に関する検討会の第6回会合が9月28日、文科省で開かれた。事務局は第二次まとめの原案を提示。「合理的配慮の内容の決定の手順について」を詳細に記述。他にも、平成29年度の概算要求の説明が行われた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。