自然体験の取り組みを検証 検討委が初会合

文科省は9月29日、「青少年の体験活動の推進方策に関する検討委員会」(主査・明石要一千葉敬愛短期大学学長)の初会合を開いた。平成25年度に示され答申には、体験活動の推進について明記された。これを基に行われてきた取り組みを検証し、今後の施策に生かしていく意向だ。11月中旬には論点整理を示す見通し。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。