特別支援学級で道徳公開授業 物を借りるときの約束事

東京都教委の平成28年度情報モラル推進校に指定されている文京区立湯島小学校(原香織校長、児童301人)で9月29日、特別支援学級での道徳の公開授業が行われた。ICT機器を活用しつつ、情報モラル教育の要素も取り入れて、児童らは「人から物を借りるときの約束」や著作権を学んだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。