全教科でキャリア教育 感性・感謝・感化の力を育成

「感性、感謝、感化」の“3感力”を高め、自立的、協働的に社会で生きるための資質能力育む――。横浜市立高田東小学校(館雅之校長、児童数367人)は、3つの「感」を柱にした学校教育目標とキャリア教育を結びつけた学びを追究。9月30日に公開研究会を開催した。職場体験などに特化しない全学年、全教科で行うキャリア教育を重視。「自分らしさを発揮しながら他者を認め、目標に向かって努力する子」の育成に力を尽くす。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。