ICT活用し生徒の学びを支援 多様なアプリも

東京都杉並区にある佼成学園中学校・高等学校(榎並紳吉校長、生徒数985人)で10月3日、教育関係者を対象としたICT授業公開が行われた。同学園は平成23年度からICT活用を検討。今年度5月から、中学校1年生から高校2年生までの生徒が1人1台のiPadを利用している。来年度には高校3年生にも導入予定。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。