学校名の日本語JPドメイン名 1年後から申請可能に

日本語JPドメイン名の例
日本語JPドメイン名の例

ドメイン名の登録管理などを行う㈱日本レジストリサービス(JPRS)は10月3日、学校名の日本語JPドメイン名の登録申請を、来年から受け付けると発表した。日本国内に住所のある学校または学校設置者は「○○小学校.jp」「○○中学校.jp」といったドメイン名が登録可能になる。

学校名の日本語JPドメイン名は、汎用JPドメイン名であれば「.jp」、都道府県型ドメイン名であれば「.都道府県名.jp」直前の文字列に、「○○小学校」や「○○中学校」「○○高校.東京.jp」などと、日本語で校名を入れられる。

初等中等教育機関などでは、幼稚園、保育所、保育園、小学校、中学校、中学、義務教育学校、高等学校、高校、中等教育学校、専門学校、専修学校、盲学校、養護学校、聾学校、支援学校が予約文字列となっている。

同社では、対象となる学校への周知期間を経た後、来年10月2日から12月22日までを、同時登録申請の期間として受け付ける。登録希望者は同社に直接電子メールを送信して申請する。料金は税込3千円。

同期間中は、受理した申請は同時に受け付けたとみなされ、同一文字列に対して複数の申請が競合した場合は抽選となる。

再来年2月1日からは、申請先着順による通常登録申請を受け付ける。登録申請は、すべて指定事業者を通して行う。

同社では「教育機関でもインターネット利用が一般的となり、予約ドメイン名の登録・利用への要望も寄せられるようになってきたため、学校名の日本語によるJPドメイン名登録を可能とした」としている。

詳細は同社ホームページの「初等中等教育機関などの名称の登録について」で確認できる。