文科相補佐官に鈴木寛氏 10月4日の閣議で任命決定

政府は10月4日の閣議で、前参院議員で元民主党の鈴木寛氏(52)の文科相補佐官の任命を決めた。大学入試改革や次期学習指導要領などの施策について助言する。

平成27年2月に、当時の下村博文文科相の大臣補佐官に就任。馳浩前文科相のもとでも引き続き補佐官に就いていた。

鈴木氏は、旧通産省出身で、平成13年に民主党政権下で参院議員を2期務めた。21年9月には文科副大臣に就任。25年の参院選で落選。その後、東京大学大学院と慶應義塾大学で教授として教鞭を執っている。26年10月には同省参与に就任していた。兵庫県明石市出身。

あなたへのお薦め

 
特集