公立保育所で楽しく英語あそび ネーティブ講師が月1回

千葉県松戸市では9月から、同市内全17カ所の公立保育所で、幼児が英語に触れる「楽しい英語あそび」を開始した。幼児が、異文化体験を通して異なる文化を持った人に親しみを持ち、豊かな人間関係を育むのがねらい。また2020年の東京オリンピック・パラリンピックも見据えている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。