女子大生の就職を応援 独自ハンドブックを作成

「ジョシゴト応援ノート」から
「ジョシゴト応援ノート」から

愛知県はこのほど、これから就職する女子大生に向けて、就業継続への意識を高めてもらうための独自の冊子「女子×仕事 ジョシゴト応援ノート」を作成した。県内49の大学に配布し、キャリアセンターなどで活用してもらう。

冊子は、キャリアコンサルタントと女子大生の会話形式で構成。就職に役立つ情報を分かりやすく伝えるために、県内の学生6人と、企業で働く女性3人から成る編集委員会を設置し、意見を反映した。

主な内容は、▽働くことの背景と女子大生の意識▽働く前に知っておきたい基礎知識▽働く先輩女性のロールモデル。

「働くことの背景と意識」では、県内女子大生を対象に実施した意識調査の結果を掲載。学生の多くが、母親の働き方を身近なロールモデルとし、結婚・出産を機に仕事を辞める人生を考えていた。冊子では、産休・育休制度を活用し、正規雇用で働き続けるメリットを解説。少子高齢化で働き手が減少している中で、女性も大切な働き手として期待されていると伝えている。

冊子はA5判、38ページ。作成は「あいち女性の活躍促進プロジェクト」の一環で、今後は、愛知県立大学など3大学で、冊子を利用したセミナーも開催する予定だという。

あなたへのお薦め

 
特集