次期学習指導要領で 全公教や経団連がヒアリング

文科省の教育課程企画特別部会は10月6日、次期学習指導要領の審議まとめについて、全国公立学校教頭会(全公教)などの団体からヒアリングを行った。この日から、合わせて4日間で、50団体ほどから意見を聞く予定。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。