熊本地震で要支援児童生徒新たに400人弱 第4回調査

熊本市教委はこのほど、熊本地震によってカウンセリングが必要となった児童生徒に関する、第4回学校調査の結果を発表した。400人弱が、新たにカウンセリングが必要となっていた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。