体力・運動能力調査 青少年は向上傾向に

10月10日の「体育の日」に合わせてスポーツ庁は、平成27年度体力・運動能力調査の結果を公表した。これによると、男女ともに6歳から体力が向上し、男子は17歳、女子は14歳にピークに達するのが明らかになった。10年度に現行の調査方式になってから、子供はほとんどの年代で運動能力の向上傾向が続いている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。