いじめの情報共有を義務付け 対応怠れば懲戒処分も

いじめ防止対策協議会の平成28年度第5回会合が10月12日、文科省で開催された。事務局は「いじめ防止対策推進法の施行状況に関する議論のとりまとめ」の素案を提示。委員らは、いじめの認知や対処などについて意見を出した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。