小中向けに情報教育 静岡市・静岡大・LINE社が共同で

静岡市教委・静岡大学は10月12日、LINE株式会社と共同で取り組む「しずおかSNSマナーアップ共同研究プロジェクト」の立ち上げを発表した。LINE社の講習を受けた教育学部生を小・中学校に派遣し、情報教育を実施する。産学官共同での小・中学生向け情報リテラシー・情報モラル教育は、全国初の取り組みとなる。

プロジェクトは、児童生徒のインターネットの適正利用に向けた効果的な指導法や教材等の研究開発に取り組み、学校における情報リテラシーや情報モラルに関する教育の充実を図るのがねらい。

取り組みの内容は、従来、教員が指導していた情報リテラシー・情報モラル教育を、静岡大学教育学部生が実施。学生は、大学で学ぶ指導法に加え、LINEが提供する指導者講習プログラムを受講して、派遣要請を受けた静岡市立の小・中学校で授業を行う。

授業では、LINEと静岡大学が共同開発した教材なども活用。児童生徒が主体的に考える授業を展開し、問題を自分のこととして捉える意識を育む実践的な情報モラル教育を実施する。

静岡大学は、教員を目指す学生が現場で情報リテラシーや情報モラルに関する授業を行う機会を得られ、小・中学生の実態に触れるなかで、指導法のより深い研究ができるとしている。

プロジェクトの実施期間は来年3月31日まで。場合によっては平成31年3月31日まで延長する可能性があるという。

あなたへのお薦め

 
特集