英語教育の保護者要望高まっている 教員8割が肯定

日本国際交流振興会(JFIE)は、今年6月に実施したグローバル人材育成教育に関するアンケートの結果をこのほど発表した。それによると、児童生徒からの英語教育に対する要望が高まっていると感じている教員は68.9%、保護者からの同様の要望が高まっていると感じている教員は79.0%であった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。