学校給食施設整備費を過大交付 19自治体に4億円超

学校給食施設の整備が過大に交付されているのが分かった。会計検査院は10月18日、公立小・中学校の給食施設を新増築・整備する際の交付金について、全国19自治体で誤った算出方法で計算されるなどして約4億3千万円超が過大に交付されていたとの調査結果を発表。文科相に是正を要求した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。