IoT靴で認知症介護 アプリ甲子園で大渕さんが優秀賞

自身が開発したアプリについて説明する大渕さん
自身が開発したアプリについて説明する大渕さん

全国の中高生を対象にした「アプリ甲子園2016」(主催・D2C)の決勝戦が10月23日、都内で開催された。開成高校2年生の大渕雄生さんが開発した「Find Family」が優秀賞に選ばれた。

アプリ甲子園は、12歳から18歳までが開発したスマホアプリを競うもの。全国から約1300作品の応募があった。

この日の決勝戦では、高校生10組が、熱のこもったプレゼンテーションを行った。さらに審査員が実際にアプリに触れ、機能性について評価した。

大渕さんが開発した Find Familyは、認知症の人をターゲットにした介護サポートIoT(Internet of Things)ツール。

靴にGPSで位置情報を得る仕組みが入っているほか、靴を履いているかどうか、いつ靴を履いたのかを通知できる機能を搭載。認知症の人かどうかを判別するために、アプリと連動して靴を光らせることもできる。

大渕さんは、このアプリを開発したきっかけを「祖父が認知症で、靴を履く行為は忘れなかった」と話す。

また優秀賞を受賞した感想について「昨年は3位だったので、その悔しさがバネになった」と喜びを語った。

審査員を務めた中澤仁慶應義塾大学准教授は全体講評で、「これまでの作品とは違い、IoTやバーチャルリアリティの技術を活用した作品が広がった」と評価した。

優秀以外の作品には、簡単な操作で、スマホの中に撮りためた写真を整理できるもののほか、360度の背景で効果音などを盛り込んだVR絵本が制作できるなど、創意工夫に満ちたアプリが発表された。

あなたへのお薦め

 
特集