ハチとヘビの生態から安全対処学ぶ 野外指導者講座で

プラムネット株式会社は、屋外の理科観察や自然体験活動などでの危険生物による事故回避やリスクマネジメントを学ぶ指導者講座を、10月24日、横浜市の同社で開いた。毎年被害が頻発するハチとヘビに着目。「現象には必ず理由がある」「原理を知れば応用できる」を視点に体験型講義を行った。参加者は標本などを手に聴講。生態に理解を深めながら、効果的な危機回避の考え方や有事の対処法を学んだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。