大川小の訴訟判決 宮城県と石巻市に14億円賠償命令

東日本大震災の津波で、児童74人と教職員10人が死亡・行方不明になった宮城県石巻市立大川小学校の児童23人の19遺族が、市と県に23億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、仙台地裁(高宮健二裁判長)は10月26日、学校の責任を認め、約14億を支払うよう市と県に命じた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。