仙台いじめ自殺で遺族が要望書 文科省は再発防止へ

仙台市立館中学校1年生の男子生徒(当時12)が平成26年9月に自殺し、背景に継続的ないじめと学校の対応の不備があったとされている問題で、生徒の遺族(父親)は10月27日、文科省に要望書を提出した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。