文科省が強く反論 財務省の教職員定数削減案に

文科省は11月8日、財務省の教職員定数を10年間で約4万9千人減らす案について、反論する見解をまとめた。特別支援教育や日本語指導が必要な児童生徒の増加など多様な課題に対応するために約1万5千人の減少に留めていく方針を改めて示した。年末の予算折衝に向けて、文科省と財務省との攻防戦が今年も始まった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。