馳前文科相が財務省に直談判へ 教職員4.9万人削減案で

教職員定数の改善について検討している自民党の次世代の学校指導体制実現部会が11月9日、党本部で開かれた。公立の小・中学校教職員を10年間で約4万9千人削減する財務省のについて、主査を務める馳浩前文科相が財務省に赴き、直談判をする意向を示した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。