学校トイレは洋式が約4割 ニーズ高いが改修進まず

全国の自治体の約8割が公立小・中学校のトレイを洋式にする意向を示している一方で、実際の設置は4割に留まっているのが11月10、文科省が初めて行った調査で明らかになった。同省担当者は「校舎の改修が進まないのが原因」とみている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。