高校生の3割超 ネット依存を自覚

長野県教委はこのほど、同県内の児童生徒を対象に実施した「平成28年度インターネットについてのアンケート」の集計結果を明らかにした。高校生の3割以上が「自分にネット依存の傾向がある」と答えたほか、2割以上の高校生男子が自転車を運転中にスマートフォンなどを使用した経験があるとした。一方、インターネット利用の問題点を児童生徒が認識している傾向もみられた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。