高校生の3割超 ネット依存を自覚

長野県教委はこのほど、同県内の児童生徒を対象に実施した「平成28年度インターネットについてのアンケート」の集計結果を明らかにした。高校生の3割以上が「自分にネット依存の傾向がある」と答えたほか、2割以上の高校生男子が自転車を運転中にスマートフォンなどを使用した経験があるとした。一方、インターネット利用の問題点を児童生徒が認識している傾向もみられた。

調査は7月から8月にかけて、県内41校(小学校12校、中学校13校、高校16校)の小学校4年生から高校3年生までの児童生徒とその保護者を対象に実施。児童生徒4059人、保護者3196人から有効回答を得た(有効回答率は児童生徒96.4%、保護者76.5%)。

「自分には『ネット依存の傾向がある』と思いますか」の問いに「ある」とした高校生が31.4%に上った(前年度30.1%)。小学生の5.5%(同5.0%)、中学生の12.7%(同12.1%)よりもはるかに高い割合を示した。

また21.1%の高校生男子が「自転車の運転中にインターネットを利用できる機器を使用した」と回答(同28.8%)。前年度比7.7ポイント減ではあったが、危険な運転について注意喚起が求められる結果となった。

一方、インターネット機器の使い方を振り返る設問では、児童生徒が問題点を認識している傾向がみられた。特に「使用する時間が長い」としたのは小学生36.7%、中学生49.4%、高校生65.1%だった。

また「家庭学習の時間が短くなった」としたのは、小学生15.2%、中学生27.6%、高校生34.0%。「睡眠時間が短くなった」としたのは、小学生9.2%、中学生25.1%、高校生34.2%だった。

児童生徒の実態と保護者の認識で回答の開きが大きかったのは、平日のインターネット利用時間についての設問。1日3時間以上利用している小学生は9.6%だったのに対し、その利用状況を認識している保護者はわずかに2.2%。中学生、高校生についても同様に差がみられ、保護者の認識以上に児童生徒は長時間インターネットを利用している実態が改めて浮き彫りとなった。

調査は平成18年度から実施されており、指導や啓発に役立てられる。今年度調査の結果を受けて同県教委は、児童生徒の実態に合わせた情報モラル教育や、適切な使用に関する子供主体の取り組みなどを進めるとしている。児童生徒の使用実態と保護者の認識に差があったことから、保護者への啓発活動も推進するという。

あなたへのお薦め

 
特集