いいうんち出たよ 積極的取り組みで子供の便秘解消へ

子供たちの便秘ゼロを目指し、共同でプロジェクトを進めているNPO法人日本トイレ研究所とカゴメ㈱は、同プロジェクトが9月に洋式便器を寄贈した小学校での、排便状況の変化を調査し、その結果を明らかにした。それによると、プロジェクトに参加した子供は、便がより出やすくなったという。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。