原発避難いじめ問題 岡田教育長が支援不足と謝罪

横浜市教委は11月18日、教委会議臨時会を開催した。原発事故で福島県から横浜市に自主避難し、転入した市立小学校でいじめを受けて不登校になった、現在、中学校1年生男子生徒の問題について、岡田優子教育長と教育委員が所感を述べた。同教育長は、いじめを受けたのに対して十分な支援ができなかったと謝罪。被害へのケアを第一に、生徒の成長を見守っていきたいなどと話した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。