学校で起きた事故の解明求め 遺族が文科省に要望書

学校で起きた事故や事件でわが子を亡くした遺族でつくる「全国学校事故・事件を語る会」は11月18日、文科省に、実態把握に向けた事後対応の改善などを盛り込んだ要望書を提出した。さらに、さまざまな要因で自死した子供たちの背景調査についても、具体的な指針を示すよう求めた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。