AL型授業で教員の役割は重要 溝上京大教授が講演

筑波大学附属駒場中・高等学校(林久喜校長、生徒857人)は11月19日、第43回教育研究会を同校で開催した。 溝上慎一京都大学高等教育研究開発推進センター教授の講演などが行われた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。