独自の教科「国際科」 モジュールや少人数指導を実施

教育特区の東京都港区は、独自の小学校英語の教科「国際科」を全学年で週2時間実施している。そんな同区教委の平成27年・28年度研究パイロット校である同区立白金小学校(加納一好校長、児童数548人)で11月22日、研究発表会が開催された。研究主題は「国際人の素養を培う教育課程の編成―小中9年間を見通した国際化の指導の在り方―」。モジュール学習(短時間学習)や少人数指導、交流学習などの授業公開を実施した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。