横浜原発いじめ 両親が会見で市教委や学校を批判

東日本大震災による福島第1原発事故の影響で、平成23年8月に福島県から横浜市に自主避難してきた男子児童(現在中1)が、転校直後からいじめられていた問題で11月23日、被害生徒の40代の両親が横浜市内で初めて、報道陣の取材に応じた。両親は、教委や学校の対応を批判した。またいじめを受けて苦しんでいる全国の子供たちに向けて、被害生徒が「苦しくても生きてほしい。死を選ばないでと伝えてほしい」と話していると明かした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。