日中韓教員養成大が協働 ジョイントディグリー開発も

東京学芸大学は、日中韓の教員養成大学が協働し、高度な力量を持つ教員育成などを目指す「東アジア教員養成国際大学院プログラム」を推進する。同プログラムがこのほど、文科省の平成28年度「大学の世界展開力強化事業~アジア諸国の大学間交流の枠組み強化」に採択された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。