全公立小に特別支援教室 巡回教員が発達障害児を指導

東京都教委は今年度から、都内全公立小学校で発達障害児が特別な教育ニーズに基づく指導を受けられる「特別支援教室」の設置を始めている。これまでの「情緒障害等通級指導学級」に替わるもの。通級を伴わず、児童が在籍校で、巡回指導教員による指導を受けられる。都教委は同教室設置によって、より多くの児童が支援を受けられ、指導内容の充実が図られるなどとしている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。