デジタル教科書在り方最終案大筋了承 紙併用を求める

平成32年度から小・中・高校で導入予定のデジタル教科書の在り方を検討している文科省の「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議は11月30日、紙とデジタルを併用するとした最終報告案を大筋で了承した。いわゆる「教科書」としての検定では、コンテンツの動画や音声は対象外とした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。