国語で高度な記述試験 国大協の見解を文科相が評価

平成32年度に実施予定の「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」に関して国立大学協会は12月1日、国語の記述試験について、各大学の個別試験で高度な記述試験を設けるとの見解を示した。これについて松野博一文科相は、同月2日の閣議後会見で「文科省の提案をさらに前身させるものだ」と評価した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。