養採研一体改革を問う 自主自立は保障されるか

日本教師教育学会と早稲田大学教育総合科学学術院は、「中教審答申で教師教育はどう変わるか」をテーマに、12月4日、東京都新宿区の早稲田大学小野記念講堂で公開シンポジウムを開いた。昨年12月の中教審答申での教員の養成・採用・研修の一体改革(関連3法は11月28日公布)を巡り、研究者が提言。教師の高度化・専門職化の方向性や教科教育と教科教養などの視点から検討が加えられた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。