地域巡り発見数々 良質な授業作りと向山帝京大教授

東京都葛飾区立柴又小学校で12月2日に開かれた社会科、生活科公開研究会では、帝京大学教職大学院の向山行雄教授が講演。「寅さん型、タモリ型街歩きで社会を見る目」と題し、地域を巡って見いだす教材研究の面白さや意義について話した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。