養育放棄児に攻撃性 高める原因分子を特定

虐待の態様のうち、養育放棄(ネグレクト)は4割近くを占める。この被虐待児では、攻撃性が増しているのが知られている。横浜市立大学学術院医学群生理学の髙橋琢哉教授らの研究グループはこのほど、この攻撃性を高進させる分子細胞メカニズムを、世界で初めて解明した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。