養育放棄児に攻撃性 高める原因分子を特定

虐待の態様のうち、養育放棄(ネグレクト)は4割近くを占める。この被虐待児では、攻撃性が増しているのが知られている。横浜市立大学学術院医学群生理学の髙橋琢哉教授らの研究グループはこのほど、この攻撃性を高進させる分子細胞メカニズムを、世界で初めて解明した。

養育環境による攻撃性増加の生物学的メカニズムはこれまで不明だったので、新薬開発にも道を開く。

ネグレクトされた子供の多くは、社会的に隔絶された環境にさらされる。このような成育環境は、境界性人格障害などの社会的関係を障害する原因の1つになっていると考えられている。

研究では、①社会的隔離環境を経験した動物の内側前頭前野では、グルタミン酸受容体の1つであるAMPA受容体のシナプスへの移行が阻害されていた②この阻害には、ストレスホルモンの増加が仲介していた③その現象および攻撃性増加を、細胞骨格分子であるコフィリンの不活性化が仲介していた――との仕組みが解明された。

境界性人格障害では、「自分は社会に必要とされていない」との漠然とした不安感を常に感じている。それによる抑うつなどの感情障害が強い。行動上での代表的な特徴は、リストカットなどの自傷行動。症状の強さにもよるが、現在の治療ではコントロールが困難なケースが多い。

内側前頭前野は、社会的な行動で重要な役割を果たしている大脳皮質領域。

あなたへのお薦め

 
特集