教育確保法が成立 学校以外の学習支援を強化

フリースクールなどで学ぶ不登校の小・中学生を支援する教育機会確保法案が12月7日、衆議院本会議で与党と民進党などの賛成多数で可決、成立した。同法は学校以外の学習の場を尊重。登校に無理がないよう「休養」の必要性を示した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。