答申案が教育課程部会で了承 残り2会合で答申へ

文科省の中教審初中教育分科会教育課程部会は12月8日、同省で第8期第11回(第101回)会合を開いた。事務局は、学習指導要領改訂に向けた答申案を提示。文言等調整については、部会長に一任となった。同案は、初中教育分科会に報告後、21日の総会で最終議論を行い、答申となる予定。その後、文科省によって年度内には告示されるという。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。