記述式問題の基本的考え方示す 国大協が会見で説明

里美会長(中央)などが思いを示した
里見会長(中央)などが思いを示した

国立大学協会は12月8日、都内で開かれた会見で、文科省が提案する「大学入学希望者学力評価テスト」(仮称)の記述式問題の出題方式に対する基本的な考え方について説明した。同テストは平成32年度実施予定。

同協会が示す現状の基本的な考え方は、おおむね次の4つ。

1つ目としては、国立大学は、共通と個別試験の大学入学者選抜全体を通して論理的思考力、判断力、表現力などを評価する記述式試験を実施する。高校教育への波及効果として、同テストの記述式試験は国公私立大を通じた多くの大学が利用可能な設計が不可欠とした。

2つ目は、国立大学の全受験生には、個別試験で論理的思考力、判断力、表現力などを評価する高度な記述式試験を課すのを目指す。高度な記述式試験のイメージは、複数の素材を編集操作し、自らの考えを立論し、それを表現するプロセスを評価できる内容。各大学がアドミッションポリシーに基づいて作題し、大学入学者選抜要項などで出題意図や求める能力を明確にした上で、受験生に課す。

3つ目は、文科省が提案する80字程度の短文記述式による基盤的能力を問う中難易度の問題に関するもの。具体的な問題例と採点基準などを、今後、十分に吟味し、確認した上で、5教科7科目中の国語で国立大学一般入試の全受験生に課す方向で検討するとした。

4つ目は、同省提案の深い思考力、判断力、表現力などの能力を問う中高難度問題について。個別試験として課す記述式試験の選択肢の1つに位置付ける方向で検討したいと話す。

同テストの記述式問題の具体的な内容や方法の検討では、試験実施上の課題や受験生の立場にも十分に配慮する点などにも言及した。

あなたへのお薦め

 
特集