来年度の高校教科書に 新元素「ニホニウム」が登場

来年度から使用される理科系の高校教科書に、理化学研究所のチームが生成・同定に成功した新元素「ニホニウム」(元素番号113、元素記号Nh)が登場する。文科省は2社の教科書会社からの訂正申請を承認した。周期表に新たな元素記号が加えられる。

訂正申請が認められたのは、啓林館の「化学基礎 改訂版」と数研出版の「科学と人間生活 くらしの中のサイエンス」の2冊。高校教科書は11月から翌年1月の間に印刷されるため、異例のスピード訂正となった。

ニホニウムは、理研チームが加速機実験で初めて生成に成功し、アジアで初めて命名権を獲得。ロシア・米国の合同チームも同様に113番目となる新元素の発見を目指していた。

あなたへのお薦め

 
特集