親子で汗をかく活動など提案 体験の風フォーラムで

体験教育の意義や各地の実践を報告する「体験の風をおこそうフォーラム」が12月9日、国立オリンピック記念青少年総合センターで開かれた。スポーツジャーナリストの増田明美大阪芸術大学教授が講演。幼い時の里山遊びなどを振り返り、自然との豊かな関わりが体力、情緒、危機回避力などを育む源になると指摘した。また親子で汗をかく活動の必要性を訴えた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。