超党派議連が貧困対策で要望書 文科相に提出

超党派の国家議員でつくる「子どもの貧困対策推進議員連盟」のメンバーが12月13日、文科省を訪れ、松野博一文科相に要望書を提出した。これには、閣議決定された給付型奨学金の創設に加え、教職員定数などの充実など20項目を盛り込んだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。