依存傾向強まる 児童生徒のネット夢中度を調査

兵庫県と(公財)兵庫県青少年本部はこのほど、同県内の児童生徒を対象に実施した「ケータイ・スマホアンケート」と「インターネット夢中度調査」の集計結果を公表した。全体の7.7%がネット依存傾向にあり、全校種で昨年を上回った。小学生は3.5%で、前年度の1.4%に比べて2.5倍増加。ネット依存の低年齢化が進んでいた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。