生活臭が集中力低下に関与 脳波測定などで明らかに

共同研究に参加した親子が感想を語った
共同研究に参加した親子が感想を語った

生活臭が集中力を低下させていた――。そんな研究結果が明らかにされた。

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン㈱(P&G)と古賀良彦杏林大学名誉教授は、「家庭のニオイと子どもの集中力に関する研究」を共同で実施。小学校4~6年生96人(性および学年均等)を対象に、アンケートと脳波測定によって、集中力(注意を継続する能力)などを測った。「家庭のニオイ」とは、三大不快臭とされるかび臭、汗・体臭、油臭。

まず、三大不快臭別に、そのあるなしで、▽気持ちの穏やかさ▽やる気▽集中力について主観的な感じ方を尋ねた。どれも、不快臭がある方が、有意にマイナス、つまりイライラする、あまりやる気がでない、集中できないなどが強かった。不快臭別では、油臭がマイナスの度合いが大きかった。中でも集中力で、油臭はマイナスに強く作用していた。

次に、単純な足し算を時間内にしていく計算テスト(内田クレペリン検査を援用したパフォーマンステスト)の成績と不快臭の関係を調べた。ここでは、かび臭は成績にそれほど関与せず、1分間の平均正解数は、汗・体臭の成績が最も低かった。

さらに、脳波を測定して、不快臭と集中力の関係を検証した。測定には、全調査対象児のうち、脳波測定に協力した6人(性および学年均等)を対象にした。

それによれば、情報を処理するときの集中力を示す「P300」(刺激から300ミリ秒後に現れる脳波のピーク)の波形は、不快臭があるときのほうが、ないときのよりも、振幅が有意に小さかった。その振幅は、10.8%もの落ち込みだった。振幅は、大きく振れるほうが集中しているのを意味している。

研究に参加した児童らは、「臭いでこんなにも差がでるなんて思わなかった」「最初はくさいなと思っていたけれど、最後には慣れて計算していた」などの感想を寄せている。また保護者からは「勉強への集中には音を気にしていたが、生活臭にもっと気を遣わなければ」といった声が聞かれた。

「『臭いの慣れ』があっても『P300』は現れ、その点で『脳はうそをつかない』と思われるが、どうか。また不快臭が大脳辺縁系の情緒ややる気にマイナスに働き、それが、計算など前頭前野の高次の働きに影響していると考えられるが、どうか」と教育新聞記者から問われ、古賀名誉教授「その通りだ。不快臭、生活臭は、たとえ慣れていっても、脳はそれをしっかりと受け止めている」と答えた。

こうした結果を受けて、臭気判定士の富樫真生さん(㈱カルモア所属)が、生活臭対策について、要点を示した。家の中で大きな面積を占めているカーテンやカーペット、壁紙は、生活臭を吸着し、発散している。これらの発生源に対して、消臭剤を有効に活用するとよい。風通しがよくない冬季こそ、臭いの発生源への対処が重要とした。

あなたへのお薦め

 
特集