競技の楽しさ難しさ体験 障害者アスリートが学校訪問

児童に義足を見せながら話した
児童に義足を見せながら話した

シドニーパラリンピックに出場したシッティングバレーボールの佐藤詠選手らが来校し、児童に同競技を体験してもらう「障害者アスリート学校訪問」が12月13日、千葉市立大宮台小学校(石井稔校長、児童数103人)で行われた。児童は床に尻をつけた体勢でミニゲームに挑戦。上半身だけを使ったサーブやレシーブの難しさを体感しながらも、プレーを存分に楽しんだ。

同校を訪れたのは「千葉パイレーツ」所属の佐藤詠、反保太一の両選手。佐藤選手はバイク事故で片足を無くしたが、仲間の誘いで競技に打ち込むようになった。94年の極東・南太平洋身体障害者スポーツ大会(FESPIC(フェスピック))に日本代表として出場。競技経験が豊富だ。

同選手は「シッティングバレーボールは、足の障害があってもなくても楽しめるスポーツ」と強調。児童らに競技を体験してもらいながら、難しさと楽しさを感じてほしいと話す。

学校訪問は、5年生の総合的な学習の時間に位置付けられた。参加児童19人は、体育館のコートにネットを張り、2チームに分かれて対戦した。

児童は床に尻をつけ両足を伸ばした体勢で相手チームと対峙。ほぼ上半身だけを使ってサーブを打つが、軌道が定まらず苦労した。それでもポジションを工夫し、うまくレシーブしたりトスを上げたりする場面が見られた。良いプレーに対しては同選手から褒め言葉が響く。児童も歓声を上げ、ガッツポーズをしてゲームにのめり込んだ。

試合後の質疑応答では、児童から「佐藤選手の所属チームの成績」などが問われた。同選手は「今年は国内の主要大会で全て優勝。素晴らしい結果が残せた。これまでも、良い成績を続けて残せているよ」と誇らしげに語った。児童は「どうしたらそんなに強くなれるのですか」と重ねて質問。同選手は「練習ですね」と答え、児童らに、努力を重ねる大切さを訴えていた。

最後に同選手は、シッティングバレーボールはパラリンピックの正式種目だと説明。2020年の東京パラリンピックには、世界中から強い選手が大勢出場する。千葉市内にも競技会場が設けられるので、「みんなで応援に来てください」と呼び掛けた。児童からは、「障害があっても健常者以上にスポーツができるのが分かった」などと感謝の言葉が贈られた。

学校訪問は千葉市が推進。今年度は小・中学校20校で実施される。

あなたへのお薦め

 
特集