職業教育で 就業と学習内容に強いつながり明らかに

文科省の「これからの専修学校教育の振興のあり方検討会議」は12月19日、第8回会合を同省で開催した。事務局は、㈱三菱総合研究所による「職業実践専門課程の実態等に関する調査研究」の中間報告資料を提示。卒業生の現在の職業と学習内容とのつながりが明らかになった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。