学外との効果的な連携を模索 神奈川県いじめ調査会

神奈川県いじめ防止対策調査会は、第2回会合を横浜市の神奈川自治会館でこのほど開いた。県教委が実施する効果的ないじめ早期発見や防止策などへの提言に向けた議論を推進。対処に向けた連携のあり方として、未然防止と事後対応を両輪で進める必要性や、学外機関の適切な距離感を意識した関わりなどの意見が出た。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。