負担を最も強いる 大森学芸大准教授が「答申」を分析

12月21日に出された次期学習指導要領に向けた中教審答申を、現場への負担や授業時数の観点から、大森直樹東京学芸大学准教授に分析してもらった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。