南極のオーロラは神秘的 遠隔出前授業で極地を知る

島根県海士(あま)町の島前交流研修センターでこのほど、同町の高校生が、南極について学んだ。南極観測隊に参加した㈱NECネッツエスアイの社員が、極地の自然や暮らしについて語る出前授業「南極くらぶ」を実施。授業は、同センターと東京都文京区の同社本社をICTで結んだ遠隔授業として行った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。